ロゴ
>オススメ情報>フローリングコーティングで綺麗に維持する!【作業の流れとは】

フローリングコーティングで綺麗に維持する!【作業の流れとは】

床

フローリングコーティングは一戸建て・マンション問わず床がフローリングであれば、行って損は無い施工と言われています。この施工を行うことで得られるメリットといえば、やはり「綺麗な床の状態を長持ちできる」という点が、第一に挙げられるでしょう。コーティング剤によって床が硬い塗膜に覆われるので、傷や汚れがつきにくくなる他にも紫外線などによる劣化から、床材を守ることもできます。また、床材に汚れが染み込まなくなるので、掃除がしやすくなるという点もフローリングコーティングで得られるメリットです。もちろん、審美性にもとても優れており施工法によってはピカピカと輝く、ツヤ感のある床が長年キープされるのもメリットと言われています。

ワックスがけは自分で行う人もいますが、フローリングコーティングの場合はプロに施工を依頼するのが一般的です。業者に施工を依頼する場合、どのような流れで作用が行われるのか、おおまかな手順を事前に確認しておきましょう。まずは作業内容の確認を行った後、プロはドアや家具などを汚さないようマスキングテープで養生することから作業を始めます。養生が終わったらワックスがけしてある床は、ワックス剤を剥離する作業を、そうでない床は掃除を行いよりコーティング剤がつきやすい状態を作ります。もし、フローリングに傷がついている場合は、その部分を床に似た樹脂を流し込むなどして、補修してくれる業者が多いようです。下準備が全て完了したらコーティングの作業に入るのですが、施工法や施工する床の面積によって変わるものの、だいたい6時間から10時間程度かかります。そして最後は養生を外して依頼主の立会いの元、仕上がりをチェックして問題なければ施工は終了となる流れとなります。

フローリング